2016年06月12日

新品大型家電製品の自宅搬入時の注意事項

新品大型家電製品の自宅搬入時の注意事項
(階層カテゴリ:体験して学んだ知識/全般)
●おすすめ度:80%
投稿日 16/06/12   更新日 16/06/12

 みなさん、新規で大型家電製品を買ったときは嬉しくないですか。しかし、搬入時点で既に傷もの商品なんてことはよくあります。そこで今回は、大型家電製品の搬入時の注意事項を考えてみます。

1606e_0_op_R.JPG


<自分の事例>
 自分の事例ですが、洗濯機が突然壊れてしまいました。洗濯機は生活の必需品なのですぐ買い換えることにしました。そこでネット通販サイトで新品の洗濯機を購入しました。価格は3〜4万円といったところです。

 搬入の日を決め、設置業者が家に来て商品の洗濯機を業者が確認しているときでした。「洗濯機に凹みがあるのですがどうしますか?」と言われました。商品の洗濯機を見てみると洗濯機の裏側が大きく凹んでいました。

 設置業者は家の前に来て、初めてダンボールの箱を開けて洗濯機を確認しました。これは設置業者が悪いのではなくて、もう既に傷もの商品だったようです。新品の商品を買って傷もの商品なんて購入したくないので、「他のに換えてくれ」と言いました。

 後日、また搬入日を決め直して今度は良品の洗濯機を設置しました。二度目のとき、商品の洗濯機を自分の目でしっかり確認しましたが外装は問題ありませんでした。

 正直、搬入が二度手間になってしまい、自分の貴重な時間を割くのが面倒くさかったです。しかし、不良品はつかまされたくなかったので仕方のない事です。

私は以前、大型家電製品の搬入時にこんなトラブルがありました。

 スポンサーリンク




<大型家電製品>
 大型家電製品は高額なものが多いです。やっとの思いで大型家電製品を購入したのに既に傷つき商品、不良品なんて購入したくありません。大型家電製品の自宅搬入時には最大の注意が必要です。


<主な大型家電製品>
主な大型家電製品を以下に上げてみます。
・洗濯機
・冷蔵庫
・テレビ
 など

特に冷蔵庫は高額です。傷ものには注意しましょう!

 スポンサーリンク


 スポンサーリンク




<よくある事>
搬入時に商品が傷もので不良品だった…

こんなことはよくある事です。
今回、良かった事は設置業者が正直に報告してくれたことです。

これにより、傷もの商品を設置しないで済みました。


<傷もの商品の裏側>
ちょっと傷もの商品の裏側を考えてみます。

 製品の流れとして一般的に、製品を作る。これは一般的にコストの関係上、海外が多いです。そして、船などで国内に輸入されます。そして幾つかの国内倉庫を渡り歩いて最後に消費者の元にいきます。このとき、既に海外で、または国内の倉庫を商品が渡り歩いているときに傷ものになることがよくあります。そして、傷もの商品でも「最後、バレなきゃいいや」なんて考えもあるのも事実です。(まあ大概は傷もの商品は省きますけどね)

 このような事情があるので、消費者は自分の家にきた商品が「絶対新品で傷が付いていない」なんて思わないほうがよいです。



<傷もの商品をつかまされない為の防衛手段>
 購入した家電製品が新品のものでも、実際に家にきたものが傷もの商品でないという保証はありません。特に大型家電製品は傷が付いていることがたまにあります。

まず、消費者の固定概念「絶対新品を買ったのだから傷はついていない」という意識は捨てましょう。

第2に搬入時には必ず商品の外装チェックをしっかりしましょう。これを怠ってしまうと不良品をつかまされる可能性が高くなります。傷ものでしたらしっかり断りましょう。

これが消費者の防衛手段です。



<今回勉強になったこと>
今回の件、洗濯機の自宅搬入でいろいろ勉強になりました。

 今まで大型家電製品の搬入は深く考えていませんでした。今回は搬入業者がしっかり報告してくれたのでよかったですが。いい加減な搬入業者だったら傷もの商品でも、うまくごまかされて搬入されていたかもしれません。

 今回の件で、大型家電製品を搬入するときは、その商品を自分の目でしっかりチェックして問題なければ搬入しようと思いました。意識が変わりました。そして届いた大型家電製品が絶対傷がついていないという意識は捨てようと思いました。


<まとめ>
 大型家電製品を購入したときは、傷もの商品が自宅に届く可能性があります。新品を買ったのだから絶対大丈夫という意識は持たず、搬入の際は必ず商品の外装チェックをしっかりしましょう。それが不良品をつかまされない為の防衛策です。

●最後まで読んでいただきありがとうございました。

おしまい


ブログランキングに参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ      

−PR−




web拍手 by FC2

posted by シケポンRR at 01:34| 体験して学んだ知識